PayPay

PayPay40%戻ってくる!還元キャンペーンですき屋が実質半額に♪2020年2月末

投稿日:

100億円あげちゃうキャンペーンでも知名度のあるQR電子決済「PayPay(ペイペイ)」ですが、皆さん使っていますか?

PayPayは毎月「まちかどペイペイ」で様々なキャンペーンを実施しているものの、ここ数か月はそんなに還元率の高いキャンペーンがなかったので実はあまり使っていなかった…

しかし、2020年2月1日から、「40%還元キャンペーン」がスタート!

「40%って何?半分近く還元されるの?」
「対象店舗は?マイナーな店しか使えないとかじゃないの?」
「どうせ40%還元は条件厳しいんでしょ?」

とか、"美味しい話には裏があると疑え"が信条の僕は考えてしまいます。

そこで今回は2月から開催されている『PayPay40%還元キャンペーン』の詳細を調べて、分かりやすくまとめてみようと思います。

すき屋で40%還元で食事可能♪ 実際に半額が返ってきてガチだった

今回の「PayPay40%帰ってくるキャンペーン」では、対象店舗での飲食代の40%がポイントとして還元されるというかなりの太っ腹キャンペーンです。

40%戻ってくるキャンペーンの公式バナー

松屋や吉野家、すき屋、日高屋や、サンマルクカフェ、サーティーワンなどの対象店舗のうち、上記の表示が入り口に貼ってある店舗でPayPay払いをすると、勝手に食事代の40%がポイント還元されます。

ただし、記載されている通り

1回の食事の還元上限: 500円(ポイント)まで
期間中の合計還元上限: 1,500円(ポイント)まで

と上限は決まっています。とはいえ普段これらの店舗を使う機会がある人(月3回以上)は、この期間だけでもPaypay払いにすることで簡単に1,500円分も節約できますね♪

このキャンペーンの実施期間は2020年2月中となっていますので、この1ヶ月で3回以上これらの店舗を利用する人はほぼ1,500円分が返ってくるので是非とも活用してみると良いと思います。

40%戻ってくるキャンの実施期間:2020年2月1日~2月29日

参考:40%戻ってくるキャンペーン | PayPay公式

対象店舗が激アツ!どこにでもある丼物屋やカフェなどで飲食代の40%も還元される♪

今回の40%戻ってくるキャンペーンの対象店舗は以下の通り↓

40%戻ってくるキャンペーンの対象店舗は松屋吉野家すき屋などの丼物屋も対象♪

特に独身サラリーマンの味方である「松屋・吉野家・すき屋」で40%還元が実施されているのは個人的にはかなり嬉しいです。

PayPayアプリの「近くのお店」からマップ上でも40%還元キャンペーンの実施店舗が確認できますが、超メジャーなお店なため大体どこの駅にもあるので手間がかかりません。

実際にすき屋で40%(Y!モバユーザーなので50%)が還元された!食事以上にポイント旨すぎ

実際にすき屋で食事をして会計時に「PayPayで!」と言って支払ってみました↓(2回分)

すき屋で50%還元された会計画面(1回目)すき屋で50%還元された会計画面(2回目)

決済後に表示された画面には確かに食事代の半分のポイントが還元されているのが分かりますね(後述しますがソフトバンク&ワイモバイルユーザーは還元率が40%⇒50%と優遇されています)

【補足】還元ポイントは「PayPayボーナスライト」なので、約1ヶ月後に受け取れる

ちなみにPayPayの還元ポイントのほとんどが「PayPayボーナスライト」と呼ばれるポイントとなっており、還元されるのは支払いの翌日から30日後となっています。(PayPayの画面から確認可能)

またPayPayボーナスライトは有効期限が60日間なので、月に1回以上PayPayで支払っていく事で、コンスタントにこれらの制限の影響を受けなくなります。

とは言えPayPayで支払っていれば最低でも数%の還元は毎回受けられるので、現金で支払っているより相対的におトクなので、わざわざ使わない理由もないですけどね。

Yahooプレミアム会員や、ソフトバンク&ワイモバイルユーザーは驚異の50%還元に!

先程少し触れましたが、今回の「PayPay40%帰ってくるキャンペーン」の還元率の優遇についても解説していきます。

今回のキャンペーンの還元率は、以下のようにソフトバンクユーザーとワイモバイルユーザー、そしてYahooプレミアムユーザーだけ還元率が優遇され40%⇒50%となっています↓

PayPay40%戻ってくるキャンペーンの還元率の違い(Y!とソフトバンクユーザーは驚異の50%還元)

公式ページにも以下の通り、ワイモバイル&ソフトバンクユーザーが50%還元されると記載されていますね↓

※2 「ソフトバンク」のスマホユーザー、「ワイモバイル」のスマホユーザーは最大50%となります。「ソフトバンク」のスマホユーザーの場合、スマートログイン設定済みのYahoo! JAPAN IDでPayPayユーザーID連携を行った方が対象です。「ワイモバイル」のスマホユーザーの場合、ワイモバイル契約電話番号と連携済みのYahoo! JAPAN IDでPayPayユーザーID連携を行った方が対象です。

ただしワイモバイル&ソフトバンクユーザーの優遇は還元率だけとなっており、還元の期間上限や1回当たりの上限は同じです。

なので1ヶ月で数回対象店舗での食事をすれば、簡単に上限の1,500円分の還元が受けれてしまうので、よく利用するならばあまり影響はないかもしれませんね。

PayPayとソフトバンク&ワイモバイルは相性◎

今回に限らずPayPayキャンペーンの大半が、ソフトバンクやワイモバイルユーザーの方が還元率などの特典が多く貰えるように優遇されています。

これはPayPay株式会社が、ソフトバンクとYahooがやっているからなんですね。

ソフトバンク、Yahoo、PayPay、ワイモバイルの関係図

特にワイモバイルは格安SIM版のソフトバンク的なポジションなので、料金も月3千円程度で、通信速度などの回線品質や、サポート店舗でも格安SIM内トップレベルなので、超お勧めです。

自分も使っていますが、キャッシュレスでの節約まで考えると、「ワイモバイル」×「PayPay」の組合せはコスパ最強の節約だと思います。

-PayPay

Copyright© ポイントを制する者が節約を制する , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.